その名義預金の不安を解消します

~ 名義預金や税務調査に強い相続税申告をおこないます ~
まずはお気軽にご相談ください!TEL052-766-6330。受付時間9:00~18:00(土日祝は応相談)お問い合わせはこちら税理士のサポートで安心!贈与税申告サービス

贈与税を計算しよう

(1) 贈与税の早見表

特例贈与(20歳以上の人が直系尊属から受ける贈与)もしくは一般贈与(左以外の贈与)のみが行われた場合における贈与価額に対する贈与税は次のようになります。

贈与価額税額
特例贈与一般贈与
110万円0万円0万円
200万円9万円9万円
300万円19万円19万円
500万円48.5万円53万円
800万円117万円151万円
1,000万円177万円231万円
1,500万円366万円450.5万円
2,000万円585.5万円695万円
3,000万円1,035.5万円1,195万円

(2) 贈与税の計算(暦年課税)

暦年課税における贈与税額は、原則として次の計算式により求められます(税率・控除額は下記贈与税の速算表参照)。なお、贈与財産の評価は相続税の場合と同様です。

暦年課税における贈与税額の計算方法
{贈与財産の価額の合計額(課税価格)-基礎控除額(110万円)}(@)×税率-控除額
基礎控除後の課税価格特例贈与一般贈与
税率控除額税率控除額
200万円以下の金額10%10%
300万円以下の金額15%10万円15%10万円
400万円以下の金額20%25万円
600万円以下の金額20%30万円30%65万円
1,000万円以下の金額30%90万円40%125万円
1,500万円以下の金額40%190万円45%175万円
3,000万円以下の金額45%265万円50%250万円
4,500万円以下の金額50%415万円55%400万円
4,500万円超55%640万円

(3) 同年中に特例贈与財産と一般贈与財産がある場合の贈与税の計算

同年中に特例贈与財産と一般贈与財産がある場合の贈与税額は、次の①と②の合計額となります。

  1. @×特例税率×特例適用財産の価額/合計贈与価額
  2. @×一般税率×一般適用財産の価額/合計贈与価額
計算例

A(20歳以上)は、平成○年中に父から現金500万円(特例贈与)、兄から現金200万円(一般贈与)の贈与を受けた。

① 特例贈与

{(500万円+200万円-110万円)×20%-30万円}×500万円/700万円=628,571円

② 一般贈与

{(500万円+200万円-110万円)×30%-65万円}×200万円/700万円=320,000円

 以上より贈与税額(①+②)(百円未満切捨)は948,500円となります。

(4) 贈与税の申告

暦年課税の場合、1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の合計額が110万円を超える時に申告義務が生じます。なお申告書は贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間に、その者の住所地の所轄税務署長に提出します。

相続税のことなら名古屋の森山税務会計にお任せください!TEL:052-766-6330受付時間9:00~18:00(土日祝は応相談)
初回相談1時間無料・スピード申告最短3週間・出張相談可能・一部地域に限ります。代表税理士森山が直接対応させていただきます!
Copyright © 森山税務会計 All right reserved.